ファイルサイズ:約10.8MB

BGM:Spiral Clock(twinkle



TOPへ


























作品について あとがき


――社会は一種の時計のような機械だ――

人は歯車のように変わりなく、せわしなく動き

周りと噛みあうことでひとつのかたまりとなる

かたまり同士が組み合うことで、大きく発展することもある

そして、完成された巨大な機械になる


しかしそれは、悪意の有無にかかわらず、ひとつのきっかけによって

脆く、たやすく崩壊し得る


崩壊によって多くの歯車が壊れ

崩壊に耐えた歯車は自立で再生、かたまりを形成し

またひとつの機械をかたちづくる



上の文章は、いつだったか読んだ本(忘れた)に書かれていた言葉を

思い出し半分で書き起こし、要約したものです。

一種の社会風刺なのでしょうか?

今回の作品では、これを題材にしてみました。

作品中に出てくる女の子は、この本の著者(?)視点で

表した代役的な位置というつもりで入れました